前へ
次へ

インターナショナルスクールで学ぶ賛否

国際化が著しい世の中に置いて、インターナショナルスクールで学ぶことの議論が沸き起こっています。小さい頃から英語を身に着け、バイリンガルとして育てるためには、良い選択肢であると考えられています。国際結婚が増えて家庭でも英語を話す家庭であれば、インターナショナルスクールへの入学は、当たり前の選択肢となります。他方、両親ともに日本人で日本語しか離さない環境にあっても、インターナショナルスクールを選択するという家庭の子供が増えているのが現状です。その弊害についても少しずつ指摘されていて、母語が発達せず、それでいてきちんとした英語を身に着けられないために、言語の制約が生まれてしまうという現象が問題となっているのです。英語と日本語をまぜこぜで会話をするため、正しい文法が身につかないのです。こういった言語にリミットのある子供が増えていて、就職活動や日本の大学へ進学した時についていけないという問題を生み出しています。

Page Top