ホワイトニングのメリットとデメリット


どのようなものにも必ずメリットとデメリットがあります。では、ホワイトニングにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

主なメリット

ホワイトニングとしては、やはりステインによる黄ばみを落として、きれいで印象のよい白い歯に戻すことでしょう。これだけでもかなり印象が変わってきます。

また、近年では自然な感じに白くすることもできますし、痛みも殆どありません。1回で白い歯に戻せるというのも大きなメリットでしょう。最近では自宅でも行うことが可能になっています。

主なデメリット

逆にデメリットも存在しているのですが、ホワイトニングには健康保険が適用されません。そのため、費用が全額負担となってしまいます。他にも頻繁に行うことでエナメル質が削られてしまい、知覚過敏になることもあるのです。

このようなデメリットもあるので、できれば生活習慣の改善や原因の排除を行い、少しでもデメリットを減らすようにするべきでしょう。頻度を減らせばデメリットも減らせます。

回数を少なくするのがよい

ホワイトニングのデメリットを減らすためには、回数を減らすしかありません。ステインで黄ばみがある歯にしないために生活習慣の改善を行い、原因を排除していくのがよいでしょう。

コーヒーが原因で白い歯が黄ばんでしまう


ステインの正体というのはポリフェノールです。ポリフェノールには着色効果があるので、コーヒーを飲むと黄ばみが目立つようになります。

コーヒーを飲んだから歯磨きをする

ポリフェノールは体によい成分なので、近年注目されています。特にコーヒーに多く含まれている成分なので、飲み方に注意しないといけません。白い歯を維持するには、コーヒーを飲んだらすぐ歯を磨きましょう。

そうすればステインは除去できますし、黄ばみもなくなるでしょう。時々ホワイトニングを歯科医院で行うのも効果的です。黄ばみで印象が悪くならないためには、コーヒーの飲み方に注意しましょう。

ペリクルに付着するのが原因

コーヒーを飲むと白い歯が黄色くなるのは、ステインが原因です。ステインは歯の表面を覆っているペリクルに付着することで黄色くなります。歯の黄ばみは印象が悪くなります。

そこでポリフェノールを含むものを口に入れたら歯磨きをすることを生活習慣に取り入れてみましょう。このように生活習慣を改善することは、比較的簡単にできます。

コーヒー以外でも同様

コーヒーにのみポリフェノールが含まれているわけではありません。お茶やココア、ワインなどにも含まれているのですが、きちんと歯磨きをして、ときどきホワイトニングをすれば問題ないでしょう。

原因を知ればある程度ステインを防ぐこともできる

ステインが歯に付着する原因と、その種類を知っておくことで、ある程度黄ばみを防ぐことができます。そうすればホワイトニングも減らせ手印象もよくなるでしょう。

歯を磨く前に飲む

ステインが含まれている飲み物の代表格は、コーヒーやお茶、ワインなどです。このような飲み物を飲むときは、歯を磨く前に飲むのがよいでしょう。

食事が終わったらすぐ歯を磨くという生活習慣を身に付けておけば、食事のときに飲むことができます。そうすれば白い歯が黄ばみやすくなるのを防具と共に虫歯の予防にもなりますし、歯科医院に行く頻度も減らせるでしょう。

タバコは完全に止めるべき

ステインはポリフェノールだけではありません。タバコのヤニも同じです。しかもタバコは体によくないだけではなく、周りにも被害を与えてしまうので、当然悪い印象を与えてしまうでしょう。

最近は禁煙の時代なので、生活習慣の改善と同時に、時代に合わせてタバコも止めた方が健康のためでもあります。ポリフェノールよりもヤニの方が落としにくくて黄ばみやすいので、よいことは何1つありません。

原因を知れば対策が打てる

ステインが付着する原因を知っておくことで、ある程度対策が打てるようになります。もちろん定期的に歯科医院へ行って、ホワイトニングを行うことも白い歯になるための重要な対策の1つだと言えるでしょう。