家で手軽にステインを落とせる歯磨き粉もある


ステインを手軽に家で落とす方法も実は存在しています。まずはどのような方法なのかを勉強してから実際に行ってみましょう。

ホワイトニング歯磨き粉を使う

家で手軽にステインを落とす方法は、やはりホワイトニングのある歯磨き粉を使用して歯を磨く方法です。薬局などでも市販されていますし、インターネットでも購入ができます。

ただし、どのような種類であっても使用方法が定められているので、早く白い歯に戻して印象をよくしたいからと言って、頻繁に使用してはいけません。説明に沿って使用しましょう。

使用する期間

ホワイトニング歯磨きは、歯の黄ばみを落としてくれる優れものです。しかし、黄ばみを早く落として印象をよくしたいからと、多用するべきではないでしょう。

使用する期間は、大体1週間に1回が普通です。これだけでも十分きれいになりますし、1度だけでも効果はある程度見込めるでしょう。ただし生活習慣を変えて、黄ばみの原因であるステインを再び付着させないように注意しましょう。

情報収集を念入りに行う

ホワイトニング歯磨き粉を使う前には、情報収集を十分行いましょう。白い歯の色を変えてしまう原因を断つためには、生活習慣を変える必要もあります。

ステインを除去するホワイトニング歯磨き粉の成分が重要


ステインを除去できるホワイトニング歯磨き粉にはいろいろな種類があります。どの種類を購入してもよいわけではないので、よく成分を確認して購入することが重要です。

研磨剤の粒に注意が必要

ホワイトニング歯磨き粉の特徴として、研磨剤を使用していることが多くなっています。黄ばみが落ちない歯を白い歯に戻すために、歯を研磨する必要があるからです。

このときに注意するのが研磨剤の粒の荒さです。粒が荒いと歯に与えるダメージが大きくなるので、粒の小さな種類がよいでしょう。それでも十分白い歯になり、印象をよくすることができます。

有効成分が使われているか確かめる

ステインを除去するためには、有効成分が使われているかが重要です。ポリリン酸ナトリウムやポリエチレングリコールなどが有効成分になります。

歯の黄ばみを落として印象のよい白い歯を取り戻すためには、生活習慣の改善と同じぐらい重要なので、まずは有効成分の種類を知っておきましょう。他にもいろいろと存在しています。

原因の改善も忘れない

ステインで歯に黄ばみが発生する原因の改善と生活習慣の改善を行うことで、よりホワイトニングが高まります。歯磨き粉の種類選びも重要になるので、インターネットで調べておきましょう。

歯のメカニズムを理解してステインや黄ばみを防ぐ


ステインや歯の黄ばみを防ぐためには、歯のメカニズムを知っておく必要があります。どのような構造なのかを知っておけば、どのように予防するのかも分かるようになるでしょう。

ぺクリルの膜にステインが付着する

歯の構造というのは、歯の中心部にある歯隋、歯隋の周りを覆うように象牙質があります。象牙質の周りにあるのが白い歯そのものであるエナメル質です。このエナメル質を覆うようにぺクリルという膜があります。

この膜にポリフェノールであるステインが付着することにより、黄ばみが発生するのです。ぺクリルはポリフェノールだけではなく、細菌も付着しやすいので、そのままにしておくと虫歯の原因にもなるのです。

ぺクリルは大切な膜

ぺクリルは歯の修復効果や、ダメージから守ってくれる効果もあるので、なくてはならない成分でもあります。そのため、黄ばみを予防するためにはその原因を知り、生活習慣の改善などをして予防することが重要になるのです。

ホワイトニングをすることでも白い歯を取り戻し、印象をよくすることができるでしょう。ホワイトニングは頻繁に行うのではなく、定期的に行うのがベストです。

歯磨きでも落とせる

食べたらすぐ歯磨きをするという生活習慣を身に付けることで、黄ばみを落として白い歯を取り戻し、よい印象を与えることができます。