歯科医院で黄ばみを落として白い歯にする


黄ばみを落として白い歯に戻すためには、歯科医院へ行ってホワイトニングをするのが最も確実な方法です。ステインを除去して印象のよい歯にしてくれるでしょう。

よい歯科医院を見つける

歯科医院は現在たくさん存在しています。評判のよいところもあれば、あまり評判がよくないところもあります。まずは評判のよい歯科医院を見つけましょう。

現在ではインターネットで簡単に情報収集ができます。口コミなども書かれていることがあるので、昔よりもよい歯科医院を発見しやすい時代になっているのです。

ホワイトニングで白い歯を取り戻す

歯科医院には、ホワイトニングを行っているところも多くなっています。そのため、ステインによる黄ばみが発生した場合には、そのまま放置して置くのではなく、歯科医院で歯を白くしてもらいましょう。

原因究明や生活習慣の改善も必要ですが、まずは白い歯にしておくことが重要です。それから対策を練っても遅くはありませんし、印象もよくなるので前向きに生活ができるでしょう。

処置後の対策も重要

いくら歯科医院でステインを除去してもらっても、歯が黄ばんだ原因の究明と生活習慣の見直しをしなければ、また歯が黄ばんでしまうでしょう。ホワイトニング後の対策も重要になります。

白い歯を取り戻すホワイトニングの種類


ホワイトニングというのは黄ばみが酷い歯を印象のよい白い歯に戻すことが目的です。しかし、いろいろな種類が存在していることを知っているでしょうか。

いろいろな種類が存在している

ホワイトニングにはいろいろな種類が存在しています。例えばビヨンドやズーム、ルマホワイトやオパールエッセンスがよく知られているでしょう。

種類によって必要になる費用も異なりますし、効果も異なってきます。ステインによる汚れが酷い場合や、どのような原因で歯が黄色くなったのかなど、状態に合わせて選択する必要があります。

使用されている漂白剤は一緒

ホワイトニングで使用しているのは、歯の黄ばみを落とすための漂白剤です。この漂白剤の種類というのは、どのような方法でも基本的には一緒です。

基本的には過酸化水素という漂白剤を使用しています。しかし、短い期間でステインを落とし、印象のよい白い歯にしようとすると、かなり費用がかかります。そのため、歯磨きを丁寧にするような生活習慣を身に付けることも重要です。

濃度が異なる

ホワイトニングは家庭でも使用が可能です。家庭用の場合には濃度が低く、歯科医院は濃度の高い漂白剤を使います。しかし、生活習慣の改善や、原因を特定して対策を練ることで、費用を抑えることもできるのです。

白い歯が黄色くなる原因とメカニズムを知る


葉に黄ばみが発生する原因はいろいろあるのですが、なぜ白い歯が黄色くなるのかを知っておくことも重要です。

ステインの種類

ステインというのは、白い歯に黄ばみが発生する原因となる物質のことです。主な種類はポリフェノールやタバコのヤニ、タンニンなどです。

ポリフェノールはコーヒーや緑茶、ワインなどに含まれている成分で、体によいと言われています。タンニンは渋み成分で、やはりポリフェノールが含まれている物に多いでしょう。タバコのヤニは特に説明しなくてもわかるでしょうが、体にも悪いので吸うのを止めるべきです。

なぜ歯が黄ばむのか

ステインというのは、歯の表面を覆っているペリクルに付着しやすくなっています。ペリクルとステインは吸着し合うと色素が沈着してしまうので、色が変わってしまうのです。このようなことにならないように、生活習慣の改善やホワイトニングが必要になります。

食べたらすぐ歯を磨くという生活習慣を身に付け、ときどきホワイトニングをしておくのが適切です。そうすれば印象のよい白い歯を保つことができるでしょう。

イオン結合して落ちにくい

ステインとペリクルが付着すると、イオン結合が発生します。そうすると普通に磨いても落ちにくくなるので、印象も悪くなるでしょう。色が濃くなる前に対策を立てるべきです。

ステインに長く触れることで黄ばみやすくなる


ポリフェノールなどのステインに長く触れていればいるほど白い歯が黄ばみやすくなります。生活習慣の改善だけではなく、長く触れない飲み方も知っておきましょう。

ストローを使用して飲む

コーヒーやお茶など、ポリフェノールはとても体によい成分です。そのため、全く飲まないというのはよくありません。重要なのは、白い歯にステインが触れる時間を少なくすることです。

そこでストローを使用して飲むことで、歯に触れている時間を短くすることができるでしょう。そして飲んだらできる限り早く歯磨きをするという生活習慣を身に付けておくべきです。

ゆっくりと飲むのを避ける

お酒のようにゆっくりと飲むと、やはりステインが白い歯に長く触れることになるので、黄ばみやすくなります。もちろん熱いと早く飲めないので、ある程度冷ます必要もあるでしょう。

このように原因がはっきりとわかれば、ホワイトニングも短くすることができますし、印象が悪くなるのもある程度防ぐことができます。家ならすぐ歯を磨けるのでよいのですが、外出先では多少早く飲むべきでしょう。

ときにはホワイトニングも必要

歯が黄ばんで印象が悪くなるのを防ぐためには、ステインに触れている時間を短くすのがベストです。しかし、原因がわかっても完全に防げるわけではないので、ホワイトニングも必要になります。